2014年09月23日 17:25

  HPを立ち上げました

   ●市民による市民のための街づくり情報の発信と活動をしていきます。

   ●まずは、市内の現状をお知らせしていきます。

  当HPアクセス件数 延べ2,200件突破

  ★10月8日

     印西市総合福祉センター(JR成田線 木下駅  徒歩15分)

      

       マッサージコーナーですが、誰も使っていませんでした。

      

      ふれあいの間で、二人の高齢者の方がカラオケを歌っていました。

      

     ※借地契約で、賃料は年間約1,000万円、維持費は年間約1,200万円程

                   (人件費等を含めない金額ではないかと思われます。)

     ※木下・大森地区で、65歳以上の市民は約2,800人ほどです。

               (町丁字別世帯数及び男女別、年齢(3区分)別人口H25.4.1)

       ニユータウン中央地区には高齢者が時間も気にしないで、無料で過ごす事が

       出来る施設はどこにもありません。ちなみに当地区の60歳以上の方は約8000人

       余り居住されています。(印西市地区別年齢別人口統計H26.7.1)

  ★10月6日

        JR小林駅立て替えの総工事費用:約18億円、

   印西市が95%:約17億円負担の予定。

   今後JR東日本と交渉!

      ※JR木下駅立て替え工事費用約13億円の内、印西市が約12億円負担しました。 

       JR木下駅:1日平均乗車人員2,174人(ウイキペディアフリー百科事典より2012年度) 

                               (建設費用は印西市建設課用地対策室より確認)

                   現在のJR小林駅

           

                    「JR小林駅とその周辺の完成予想図」

         

    ・小林地区の周辺人口は、7,566人印西市26年7月末人口表より)だが今後減少傾向で、

     現在も一日の乗降客は、約2,000人と少ないため、通勤時間帯以外は駅員が不在と

     なることもあります。

     公共性があるとはいえ、一民間企業であるJRに対して、駅舎立て替えに約17億円もの市民

     の血税投入には、違和感を覚えるのは私だけだろうか?

     駅舎立て替え費用とその効果について大いに疑問に思いました。 (JR小林駅員に確認)

     参考千葉ニュータウン中央駅:1日の乗降客は、1日当たり33,000人!

                                 (千葉ニュータウン中央駅より確認)

     参考:中央駅地区の人口は、33,624人(印西市26年7月末人口表より)

  ★10月4日

    印西市議会(10月3日)で、「現在地内の候補地(テニスコート)をゴミ焼却場建設地

   から除外することを求める請願」の審議状況を、パソコンで傍聴しました。

   紹介議員の賛成意見に続いて反対意見を求められましたが、誰ひとりありませんでした。

   反対の発言がなかったので全員賛成なのかと思いましたが、賛成は3名(雨宮、山本,圀嶋)だけで、

   圧倒的多数で不採択でした。

    請願をした私としては、不採択の理由を知ることが出来ず疑問に残る審議でした。

   千葉ニュータウン中央地区選出議員の採択状況

   1)採択に賛成した議員

     ・雨宮弘明議員((小倉台1在住) 

   2)採択に反対した議員

     ・松尾 榮子議員 (木刈2在住)   ・山田 喜代子議員(原山1在住)

     ・金丸 和史議員(小倉台1在住)  ・橋本 和治議員(内野2在住)

    M議員は町内会長2名を伴って、現在地を外すように市長に要望書を

    提出していましたが、請願の採択では不採択であり、行動に矛盾を感じました。

  ★10月3日

     請願署名にご協力頂いた皆様に、請願報告のチラシを配布しました。

     延べ     チラシ配布数 10,000枚

  ★9月29日

    請願署名にご協力頂いた皆様に、お礼のチラシを配布中です。

   ご協力頂きありがとうございました。 

     延べ  8,500枚配布

●地域住民から寄せられた声

★千葉ニュータウン中央駅地区の居住人口は、約34,000人で、

  印西市全体の約36%を占める。今後、さらに増加傾向にあり、

 数年で、約50%占めると思います。

★ニュータウン駅地区は、不動産評価も高く、そのため固定資産税

 の住民の負担は他地区よりはるかに大きい。印西市全体の5割

 ~6割占めるのではないかと思います。それに対して、印西市の

 行政サービス、例えば文化ホール、福祉センター、体育館、図書

 館など在来地区に集中していて、不公平だと思います。

★住民にとって必要な情報が伝わってこないのは何故なのか?

 いつも後手ごてだ。 本来ならこの地区から選出された議員こそ、

 率先して、知らせるべきではないのか?

   前回のクリーンセンターも今回も同様だと思います。

★自治会は会員に対して生活に関係する情報を知らせる役割が

 あり、会員も知る権利があると思います。

  以上色々なご意見が寄せられました。            (9月21日のチラシより転記。)

  文  責 雨宮よしあき
  印西市木刈2-15-7 0476・55・3667
  (私は雨宮弘明議員とは血縁・地縁 はいっさいありません)

  ★9月28日

     印西地区環境整備事業組合、次期中間処理施設の用地選定に関する

   審査結果報告会に出席しました。

   評価点は以下の通りです。

   1   位     吉田地区               145点

  2  位  現在値       121点 

   3  位      岩戸地区               119点

   4  位      滝地区                117点

   ※この結果を。用地検討委員会は9月末、組合管理者(板倉印西市長)に答申。

    その答申を受けて、管理者は、副管理者(白井市長、栄町長)と協議したうえで、

    年内に新しいクリーンセンターの立地を決定します。

  ★9月24日

   「印西市建設経済常任委員会」で、審議状況を傍聴しました。

   現在地内の候補地(テニスコート)をゴミ焼却場建設地から除外する

   ことを求める請願を、印西市建設経済常任委員会で審議しましたが、 

   請願の採択に、賛成した委員は1名のみで委員長預かりとなりました。

  ★9月21日

    署名にご協力頂いた皆様に、署名結果の報告と板倉印西市長に

   請願署名簿を提出した報告チラシを配布中です。

   署名にご協力頂いた地区には全て配布する予定です。

   ~署名にご協力頂きありがとうございました。~

  ★8月26日

    「現在地内の候補地(テニスコート)をゴミ焼却場建設地から除外する

   ことを求める千葉ニュータウン中央地区の住民の声(請願署名)を

   とりまとめて、板倉印西市長に提出することができました。

  ~ご協力頂きありがとうございました。~

 ★8月25日

   「現在地内の候補地(テニスコート)をゴミ焼却場建設地から除外することを求める

   請願の署名簿を、印西市市議会議長渡邊正一様に提出しました。

 ★7月30日

   「現在地内の候補地(テニスコート)を、ゴミ焼却場(印西クリーンセンター)建設地から除外する

   反対署名運動をしています。千葉ニュータウン中央駅前を中心に請願署名用紙を6種類、

   10,000枚を7月末から8月中旬まで配布しました。

   今後、印西市長、印西市市議会議長、印西地区環境整備事業組合管理者、

   同次期中間処理施設整備事業用地検討委員会委員長などに請願する計画です。


 

 

 

 

 

 

—————

戻る


お問い合わせ先

千葉ニュータウン(中央)からのまなざし

千葉県印西市木刈 雨宮 良明


意見と提案

2020年07月04日 23:34

印西市松山下公園総合体育館は、なぜ印西市浦部に建設されたのか・・・・

当初、千葉ニュータウンの人口増大を踏まえて競技スポーツ施設は印西町役場と千葉ニュータウン中央駅の中間地点(鹿黒)に建設する計画だったとか・・・・・・・・・。なぜ、総合体育館は印西市浦部に建設されたのか・・・・?印西町は、昭和62年9月に松山下公園に、競技スポーツ施設整備に着手しました。当時、千葉ニュータウンには印西町の全人口の約33%の市民の皆さんが居住していましたが昭和63年4月20日にはテニスコートがオープン。...

続きを読む

—————

2020年07月03日 22:30

2019年度議会改革度ランキング、上位300入り県内は3市のみ

早稲田大学マニュフエスト研究所は、2019年度の議会改革度ランキングを発表した。調査は今回で10回目で、全国1788の地方議会のうち約80%の1433議会が回答した。県内では銚子市と多古、白子、大多喜、御宿、鋸南の5兆の計6議会を除いた48市町村議会と県議会が回答した。政務活動費の公開などの「情報共有」、住民との対話などの「住民参加」、議員間討議といった「機能強化」の3分野で評価。計65の設問への回答を独自の基準で6930点を満点として順位化した。上位300については自冶体名を公表した。今回から県議会も含めた総合ランキングになった。県内から300位以内に入ったには、流山市(128位)、柏市(1

続きを読む

—————

2020年07月03日 11:05

印西市、高齢者(70歳以上)のふれあいバスが無償化!

印西市では、70歳以上の方を対象に「ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」を交付しています。対象は、印西市に住民登録している70歳以上の方。本人が、印西市役所、1階高齢者福祉課に行って申請(本人確認書持参)すれば、その場で「ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」がもらえます。その日から使用が可能で、ふれあいバスに乗車する際、乗務員にカードを提示して下さい。問い合わせ先印西市役所高齢者福祉課いきがい支援係(市役所1階)電話:33-4592(直通)高齢者のみなさん、ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」を申請に印西市役所へ行きましょう。

続きを読む

—————

2020年06月29日 22:26

(提案)道路の中央分離帯をコンクリート化に

千葉ニュータウン中央駅のビジネスモール「北側道路」の中央分離帯(往復の方向別に分離するため、その 中央部に設けられる地帯)が一部コンクリート化しています。植栽を植えている中央分離帯もありますが、植栽を植えている中央分離帯は、定期的に雑草の刈り取りをしなければなりません。雑草の刈り取り費用を考えると、また美観上からも、費用対効果を考えてもコンクリート化すべきだと感じました。 コンクリート化した中央分離帯   植栽を植えている中央分離帯

続きを読む

—————

2020年06月25日 00:15

印西市:「公務員の年収」が高い自治体ランキングで全国第3位!

印西市の職員は、給与に釣り合う仕事をしていると感じますか・・・・・・・・コロナショックの影響が日本の労働市場に大きな影響を与えている。一時休業を余儀なくされたり、賃金カットだけでなく、景気も後退局面に入っていくことが避けられなくなった。不況期に注目されるのが、安定業種の代表格が公務員だろう。今回は、地方自治体に勤務する公務員の平均年収ランキングは、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2019年度版)で開示される一般行政職の給与に基づいている。諸手当を含む平均給与月額の12カ月分に、期末手当と勤勉手当を加えて算出した。地域差が大きい寒冷地手当は含めていない。都道府県と市区町村の職員の

続きを読む

—————

2020年06月16日 23:23

冨里市:新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者に3000円分のプリペイドカード配布

冨里市は独自の新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者に3000円分のプリペイドカードを配布する。5月29日開会の市議会に事業費4923万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。市によると、対象は緊急事態宣言が解除された先月25日の時点で市内に住所がある65歳以上の約1万4千人。お年寄りは感染リスクが高いことと、厚生労働省が示した「新しい生活様式」でキヤッシュレス決済の利用が推進されていることを踏まえた。※東京新聞2020年6月1日より市議会議員が、議員報酬を削減して印西市民目線の施策を提案されることを期待したいですね・・・・・・・・・・・・・・・・。

続きを読む

—————

2020年06月13日 21:06

君津市、妊産婦に独自の支援金10万円

君津市は、新型コロナウイルスの感染予防で生活上の負担が懸念される妊産婦に対して、10万円を支給する独自の支援策をまとめた。対象は約400人で、事業費約4000万円を盛り込んだ補正予算を市議会6月定例会で審議、可決成立した後、7月上旬の受付開始を目指す。支援策の名称は「きみつの赤ちゃん応援事業」。対象者は、特別定額給付金の基準日(4月27日)翌日以降に出産した産婦、または基準日に妊娠中で妊娠16週を経過した妊婦。このほか、児童手当を受給している世帯に国が交付する臨時特別給付金1万円に、さらに1万円を上乗せ支給する「臨時特別給付金加算事業」も発表した。対象者は約8900人  ※東京新聞2020年6

続きを読む

—————

2020年06月09日 21:15

勝浦市が市長、副市長、教育長らの給与を3割カット

勝浦市は、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、市長・副市長・教育長ら特別職3人の給料を7月から来年3月までの9ケ月間、それぞれ30%減額することを決めた。減額効果は約710万円。8月開会の市議会6月定例会に提案する。市議会も本年度の政務活動費約180万円と議会活動経費約100万円を削減する。※東京新聞2020年6月7日より新型コロナウイルス対策で、印西市民目線の議会活動は・・・・・・。

続きを読む

—————

2020年06月07日 00:02

浦安市、新型コロナウイルス対策で市長、副市長、教育長の給料とボーナスを7月~12月、各10%削減、市議も同様に・・

新型コロナウイルスによる家計負担軽減策として、浦安市は5月22日、児童生徒の学校給食を6~8月、無償にすると発表した。6月1日から学校は再開させ、、給食は6月15日から開始する予定。夏休み中の7月下旬と8月下旬にも授業を行い、給食を提供する。無償の対象は市立小中学校に通う全ての児童生徒(教職員は対象外)で、約1万2600人。3か月分の材料費は約1億500万円。また、新型コロナ対策の財源に充てるためとして、市長、副市長、教育長の給料とボーナスを7~12月、各10%減額する。市議も同様に半年間減額し、本年度の委員会視察を中止するとともに、本年度の政務活動費の3分の2を減らす。削減額は市長ら特別職が

続きを読む

—————

2020年06月05日 22:49

習志野市、新生児に独自の支援金10万円!

習志野市は、新型コロナウイルスの経済対策として国が全国民に一律10万円を支給する特別定額給付金とは別に、今年4月28日から来年4月1日までに生まれた新生児に支援金を支給すると発表した。国と同額を想定しているという。市によると、対象見込みは約1000名。国の第2次補正予算編成をにらみ、市議会9月定例会に関連議案を提案する予定としている。※東京新聞2020年6月1日より。印西市でも、独自の新型コロナウイルス対策が・・・・・・・・・。

続きを読む

—————

全ての記事

—————