2019年06月28日 19:04

2019年「住みよさランキング」で全国1位、白山市(石川県)

千葉ニュータウンの皆さん

2019年「住みよさランキング」で全国1位、白山市(石川県)

1位 白山市(石川)   総合評価偏差値 54.231

2位 文京区(東京)   総合評価偏差値 54.099

3位 野々市(石川)   総合評価偏差値 54.052

4位 福井市(福井)   総合評価偏差値 54.039

5位 倉吉市(鳥取)   総合評価偏差値 53.879

6位 敦賀市(福井)   総合評価偏差値 53.756

7位 黒部市(富山)   総合評価偏差値 53.734

8位 能美市(石川)   総合評価偏差値 53.730

9位 魚津市(富山)   総合評価偏差値 53.687

10位 駒ヶ根市(長野)   総合評価偏差値 53.652

都内の友人は、印西市は千葉県のどこにあるの・・・・。

電車賃は、日本で1・2番に高いと聞いているけど・・・・。

総合評価14位は、市民がインフラ整備された高額の住宅

をUR都市機構(旧住宅整備公団)などから購入し千葉ニ

ュータウンに居住しているから。

※千葉ニュータウン中央駅圏では、平成元年前後に住宅

を4千万円から8千万円で購入した市民がたくさんいます。

印西市は千葉県の北西部、東京都心から約40kmの位置

にあり、3市にまたがる千葉ニュータウンの面積の過半を占

める住宅都市。人口は2018年5月に10万人を突破した。

東京と成田国際空港を結ぶ交通軸上にあり、2010年7月

の成田スカイアクセス線の開業により、成田空港はもとより

、東京都心や羽田空港へのアクセスも良好である。市内に

は多数の大型商業施設が進出し、また大学や企業の研究

開発拠点、金融機関のデータセンター等も集積している。

現在も千葉ニュータウン地区に人口流入が続いており、世

帯あたりの住宅着工戸数も高い。

※東洋経済「都市データーパック」2019年6月20日より


—————

戻る


お問い合わせ先

千葉ニュータウン(中央)からのまなざし

千葉県印西市木刈 雨宮 良明


意見と提案

2020年07月04日 23:34

印西市松山下公園総合体育館は、なぜ印西市浦部に建設されたのか・・・・

当初、千葉ニュータウンの人口増大を踏まえて競技スポーツ施設は印西町役場と千葉ニュータウン中央駅の中間地点(鹿黒)に建設する計画だったとか・・・・・・・・・。なぜ、総合体育館は印西市浦部に建設されたのか・・・・?印西町は、昭和62年9月に松山下公園に、競技スポーツ施設整備に着手しました。当時、千葉ニュータウンには印西町の全人口の約33%の市民の皆さんが居住していましたが昭和63年4月20日にはテニスコートがオープン。...

続きを読む

—————

2020年07月03日 22:30

2019年度議会改革度ランキング、上位300入り県内は3市のみ

早稲田大学マニュフエスト研究所は、2019年度の議会改革度ランキングを発表した。調査は今回で10回目で、全国1788の地方議会のうち約80%の1433議会が回答した。県内では銚子市と多古、白子、大多喜、御宿、鋸南の5兆の計6議会を除いた48市町村議会と県議会が回答した。政務活動費の公開などの「情報共有」、住民との対話などの「住民参加」、議員間討議といった「機能強化」の3分野で評価。計65の設問への回答を独自の基準で6930点を満点として順位化した。上位300については自冶体名を公表した。今回から県議会も含めた総合ランキングになった。県内から300位以内に入ったには、流山市(128位)、柏市(1

続きを読む

—————

2020年07月03日 11:05

印西市、高齢者(70歳以上)のふれあいバスが無償化!

印西市では、70歳以上の方を対象に「ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」を交付しています。対象は、印西市に住民登録している70歳以上の方。本人が、印西市役所、1階高齢者福祉課に行って申請(本人確認書持参)すれば、その場で「ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」がもらえます。その日から使用が可能で、ふれあいバスに乗車する際、乗務員にカードを提示して下さい。問い合わせ先印西市役所高齢者福祉課いきがい支援係(市役所1階)電話:33-4592(直通)高齢者のみなさん、ふれあいバス無料乗車カードFUREiCA(フレアイカ)」を申請に印西市役所へ行きましょう。

続きを読む

—————

2020年06月29日 22:26

(提案)道路の中央分離帯をコンクリート化に

千葉ニュータウン中央駅のビジネスモール「北側道路」の中央分離帯(往復の方向別に分離するため、その 中央部に設けられる地帯)が一部コンクリート化しています。植栽を植えている中央分離帯もありますが、植栽を植えている中央分離帯は、定期的に雑草の刈り取りをしなければなりません。雑草の刈り取り費用を考えると、また美観上からも、費用対効果を考えてもコンクリート化すべきだと感じました。 コンクリート化した中央分離帯   植栽を植えている中央分離帯

続きを読む

—————

2020年06月25日 00:15

印西市:「公務員の年収」が高い自治体ランキングで全国第3位!

印西市の職員は、給与に釣り合う仕事をしていると感じますか・・・・・・・・コロナショックの影響が日本の労働市場に大きな影響を与えている。一時休業を余儀なくされたり、賃金カットだけでなく、景気も後退局面に入っていくことが避けられなくなった。不況期に注目されるのが、安定業種の代表格が公務員だろう。今回は、地方自治体に勤務する公務員の平均年収ランキングは、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2019年度版)で開示される一般行政職の給与に基づいている。諸手当を含む平均給与月額の12カ月分に、期末手当と勤勉手当を加えて算出した。地域差が大きい寒冷地手当は含めていない。都道府県と市区町村の職員の

続きを読む

—————

2020年06月16日 23:23

冨里市:新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者に3000円分のプリペイドカード配布

冨里市は独自の新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者に3000円分のプリペイドカードを配布する。5月29日開会の市議会に事業費4923万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出した。市によると、対象は緊急事態宣言が解除された先月25日の時点で市内に住所がある65歳以上の約1万4千人。お年寄りは感染リスクが高いことと、厚生労働省が示した「新しい生活様式」でキヤッシュレス決済の利用が推進されていることを踏まえた。※東京新聞2020年6月1日より市議会議員が、議員報酬を削減して印西市民目線の施策を提案されることを期待したいですね・・・・・・・・・・・・・・・・。

続きを読む

—————

2020年06月13日 21:06

君津市、妊産婦に独自の支援金10万円

君津市は、新型コロナウイルスの感染予防で生活上の負担が懸念される妊産婦に対して、10万円を支給する独自の支援策をまとめた。対象は約400人で、事業費約4000万円を盛り込んだ補正予算を市議会6月定例会で審議、可決成立した後、7月上旬の受付開始を目指す。支援策の名称は「きみつの赤ちゃん応援事業」。対象者は、特別定額給付金の基準日(4月27日)翌日以降に出産した産婦、または基準日に妊娠中で妊娠16週を経過した妊婦。このほか、児童手当を受給している世帯に国が交付する臨時特別給付金1万円に、さらに1万円を上乗せ支給する「臨時特別給付金加算事業」も発表した。対象者は約8900人  ※東京新聞2020年6

続きを読む

—————

2020年06月09日 21:15

勝浦市が市長、副市長、教育長らの給与を3割カット

勝浦市は、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、市長・副市長・教育長ら特別職3人の給料を7月から来年3月までの9ケ月間、それぞれ30%減額することを決めた。減額効果は約710万円。8月開会の市議会6月定例会に提案する。市議会も本年度の政務活動費約180万円と議会活動経費約100万円を削減する。※東京新聞2020年6月7日より新型コロナウイルス対策で、印西市民目線の議会活動は・・・・・・。

続きを読む

—————

2020年06月07日 00:02

浦安市、新型コロナウイルス対策で市長、副市長、教育長の給料とボーナスを7月~12月、各10%削減、市議も同様に・・

新型コロナウイルスによる家計負担軽減策として、浦安市は5月22日、児童生徒の学校給食を6~8月、無償にすると発表した。6月1日から学校は再開させ、、給食は6月15日から開始する予定。夏休み中の7月下旬と8月下旬にも授業を行い、給食を提供する。無償の対象は市立小中学校に通う全ての児童生徒(教職員は対象外)で、約1万2600人。3か月分の材料費は約1億500万円。また、新型コロナ対策の財源に充てるためとして、市長、副市長、教育長の給料とボーナスを7~12月、各10%減額する。市議も同様に半年間減額し、本年度の委員会視察を中止するとともに、本年度の政務活動費の3分の2を減らす。削減額は市長ら特別職が

続きを読む

—————

2020年06月05日 22:49

習志野市、新生児に独自の支援金10万円!

習志野市は、新型コロナウイルスの経済対策として国が全国民に一律10万円を支給する特別定額給付金とは別に、今年4月28日から来年4月1日までに生まれた新生児に支援金を支給すると発表した。国と同額を想定しているという。市によると、対象見込みは約1000名。国の第2次補正予算編成をにらみ、市議会9月定例会に関連議案を提案する予定としている。※東京新聞2020年6月1日より。印西市でも、独自の新型コロナウイルス対策が・・・・・・・・・。

続きを読む

—————

全ての記事

—————