2017年09月08日 23:33

印西市立木下交流の杜歴史資料センターに行きました。

昨日、旧千葉県立印旛高等学校の跡地(印西市木下1489番地1)にできた印西市立木下交流の杜歴史資料センターへ行きました。午前中、来館者がどれくらい来るか観察しましたが、私一人だけでした。事務所には3名の職員がいました。費用対効果を考えると、印西市民はどれぐらい来館されるのか。少し気になりました。「旧印旛高校跡地に地(知)の拠点整備事業で?市税を約30億円投入とか・・・。」※地方自治運営の基本原則は、「住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を上げるようにしなければならない」と定められている。最少の経費で最大の効果をあげるためには、印西市の約42%の住民が居住している千葉ニュータウン中央地区あるべきだと思いませんか。

—————

戻る


お問い合わせ先

千葉ニュータウンからのまなざし