2018年04月26日 13:28

「第5回板倉印西市長と語る市民の集い」開催報告パート7

平成30年3月25日、印西中央駅前交流館において、板倉市長をお招きして「第5回板倉印西市長と語る市民の集い」を開催しました。事前に頂いた皆さんの中から質問の多い7件に、板倉市長から誠意ある説明をして頂きました。参加者から寄せられたご意見と板倉市長の答弁の概要をご紹介します。 

Q7.千葉NT中央駅圏にリハビリ型総合病院の誘致を 板倉市長:千葉県の保健医療整備に関係する計画によりますと印旛圏域において新たに病床を増やすことは大変厳しい状況ではありますが、高齢化の進展に伴い、急性心筋梗塞、大腿骨骨折等の傷病の増加が見込まれ、急性期を経過した患者に対する回復期リハビリテーションを実施する医療機関の必要性はさらに高くなると認識しております。市といたしましても、医療整備に関する会議等の機会を捉えで、地域の実情を千葉県に伝えてまいりたい。

 東京電機大学千葉ニュータウンキャンパス



—————

戻る


お問い合わせ先

千葉ニュータウンからのまなざし